シェムリアップからバンコクへ、陸路にてバスで国境を越えてみた☆

シェムリアップからバンコクへ、陸路にてバスで国境を越えてみた☆

 

楽しかったカンボジアを後に 。。。

3月7日に
シェムリアップから バンコク(タイ)
バスに乗って、国境を越えてきました (๑❛ᴗ❛๑)

憧れの、陸路での国境越え ♬

 

Sponsored Link

事前にチケットを購入

3月2日(出発の5日前)に
トゥクトゥクドライバーさんに
シェムリアップのオールドマーケット付近の、チケット売り場に連れて行ってもらい

ここでチケットを購入しました
(店の前の写真を撮り忘れました 💦)

VIRAK BUNTHAM EXPRESS TOUR&TRAVEL という会社のバス

シェムリアップから バンコクまで
25$でした

フリーWi-Fiミネラルウォーター のサービスあり
トイレ付き

8:00出発と、8:30出発がありましたが
8:30出発はもう、満席とのことで
必然的に 8:00 をチョイス

チケットカウンターで
泊まっている宿の名前(住所)と部屋番号を伝えて

当日は、宿までのお迎えサービス あり とのこと。

7:00~7:30に 宿にピックアップに行くね
とのことでした

 

当日の模様

シェムリアップからバンコクまで
およそ 400km
バスでは イミグレーション(出入国審査)の時間も踏まえて
8~9時間 の所要時間 と聞いていました


 

ここからは 時系列にて 記していきます (・∪・)ノ

7:00
かなり時間通り のお迎え
宿の朝ごはんが 7時~ で、時間通りのお迎えに 朝ごはん食べれず(T▽T)

こんな感じの、ピックアップのバス?です

7:45ごろ
バス会社に到着。
パスポートとチケットを提示して、受付を済ませます

このバスに乗って行きます
メインバッグは バス下方の荷物預けスペースに入れ込みます

(肖像権もあると思うので、お顔を消させて頂いています)

日本人の方も、ちらほら
アメリカ、ヨーロッパ系の方が多かったです

2階だてのバスになっていて
1階は 10席ほどの座席と、トイレがあります

私の座席は、2階の 前から 2列目(勝手に割り当てられていました)
酔いやすい私には、ちょうど良い席 ☆

座席スペースも けっこう ゆとりがあります
快適な感じ ♪

いちばん前に 荷物置きスペースがあり
前の方の席だったので、かさばるサブバッグは そこに置くことができました

座席上にも、狭いながら荷物置きスペースがあります

水も配られます
500ml って記されてるけれど、どう見ても 300mlぐらいにしか サイズ的に見えない…。

Wi-Fiあり って なってたけど
みんな一斉に使っているからか、ネットは繋がらなかったり、繋がっても かなり遅かったり

 

8:20
シェムリアップを出発です!

    ✳

11:00
カンボジアとタイの 国境付近に到着
バスを降り、いったん荷物を持って
国境まで歩いて行きます
(バス会社によっては、荷物はバスに置きっぱなしで良いって聞いていたから、これはショック!!)

ここで注意なのですが
この辺は、荷物運び屋の人が ゾロゾロいらっしゃいます

私の荷物も、バスから降りてきたら
すでに その運び屋さんのリヤカーに 載せられとる!! 💦

最初、よく分からない私は
そういう 運んでくれるサービスがあるのかなー と思って待っていたら、
5ダラース   って。💦
急いで、 ノーー! イッツ オーケー! ノー サンキュー! と伝えます f(^^;

ここから、100~200mほど歩き
カンボジアの 出国手続き(出国審査)を行います

パスポートと、カンボジアの出国カード を提示します
(出国カードは、カンボジア入国時に 入国カードと一緒にもらっているはずで、パスポートにホッチキスで留められていると思います)

すべての指の 指紋 も取られます

    ✳

無事に 出国手続きが終わると
国境に向かって、ぞろぞろ 300~400mほど歩きます

もう 荷物が、かなり重たーーーーい (T▽T)
みんな バックパックの方が多くて、荷物少なめで 羨ましい…。
私たちが いちばん荷物が多くて、常に 最後を歩いています (^^;)

全然、分からない土地を歩いているので
はぐれないように 注意しながら、必死に 団体に 付いていきます
(コロコロと言えど、段差がけっこう多かったり、コロコロが段差でひっくり返ったりして もたついていたら、団体を見失ったりして、焦りました💦)

国境らしきもの が見えてきました

ここから、また建物に入ります
(タイへの入国審査)

タイの出入国カード が配られているので、受け取って 記入します

タイの出入国カードの記入方法は、こちらを参考にさせて頂きました
JAL – 海外 各国出入国書類の書き方:タイ

入国審査のある部屋が
2階にあるので、重たすぎるバッグを 担いで階段を上ります
(エレベーターはありません!?  分かりませんでした)

2階へ上がった時には。。。
生まれたての小ジカのように、ガクガクしていました
(生まれたての子ジカを 見たことがないので、イメージですが)

 

タイへの入国は、30日以内の観光目的であれば
日本人パスポートを持っていれば、ビザは必要ありません

パスポートと、タイの出入国カードを提示し、入国審査も 難なく終えました


出国用の航空券は無しで OKでした。
「現金1人10,000バーツ相当額の所持が必要」との情報もありましたが、こちらも特に聞かれること無く。
また、「空路入国⇒30日以内滞在、陸路入国⇒15日以内滞在」との情報がありましたが、パスポートには「30日」間 滞在OK の印字スタンプが 押されていました。

 

    ✳

無事に、タイへ入国できました
入国審査後に、荷物検査? らしきところも 通過しましたが
こちらも 何の問題なく、素通りでOKでした
(何も無さすぎて、逆に「えっ?いいの?」と 聞いてしまいました (しかも日本語で))

またまた、周りに 同じバスの乗客が居なくて、少し焦りましたが
とにかく まっすぐ進んでいると バスの案内人らしき人に
「チケット見せて」的なことを言われ、提示すると、どこへ進めば良いのか教えてくれました

ここで、バスの到着を待ちます

20分ほどすると バスがやってきました

同じバスに 再び乗り込みます

 

13:00
バスが タイ側より 出発します

 

普段、アネロン(酔い止め)を飲んでいても 船なんかは酔ってしまう
乗り物酔いしやすい 私なのですが
このバスでは 酔い止めを飲んでいなくても 大丈夫でした☆

 

16:30ごろ
タイのフワランポーン駅(Hua Lamphong)に到着します

他にも あと2つ 停留所があったのですが
宿泊予定のホテルが ここから一番近かったのと、
みんなここで降りたので 私たちも ここで降りました
(実際、どこで降りるべきなのか全然、分からなかった💦)

 

Sponsored Link

まとめ

荷物が重すぎて大変(自業自得)でしたが

シェムリアップ→バンコク 間の 陸路での国境越えは、比較的 大変な手続きもなく、スムーズでした (◍•ᴗ•◍) ノ

憧れの
陸路での国境越えができて、満足です ♪

国境付近は、マラリア感染の恐れ大
歩いて国境を越えるため、
蚊も多い ので、
虫よけスプレー等を しておくと、安心かもしれません

 

さて☆
タイの旅の 始まりです (^^)

 

 

 

ブログ ランキングに参加しています (๑˙╰╯˙๑)♬
1日1クリック 押していただけると 嬉しいです
 

にほんブログ村

Sponsored Link

こちらの記事も宜しければ

comments & trackbacks

  • Comments ( 4 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By あゆみ

    タイ☆バンコク
    私の好きな国!!

    アジアが好き過ぎる・・・

    でもモロッコの青の世界は見てみたから
    いつか行きたいなぁ
    いや絶対にいくよ
    モロッコ行くのかな?
    あとベニスにも憧れるお年頃みたい(笑

    今日はこちらはいい天気
    梅の花や早咲きの桜が咲いたりしています。

    台湾の写真送ります
    何回もいっているが・・・・今回はタクシーチャーターして
    千と千尋の神隠しのモデルも街に夜いってくる。
    友達に夜の幻想的な風景見せたたいのだ!!

    • By Natsumi

      to あゆみさん

      私は初めてのバンコクなんだけれど、食べ物も美味しいし、色んな生活用品も充実してるし
      過ごしやすそうなところだね☆

      モロッコの青の世界、私も見てみたいっ♬
      今回の世界一周たびで、行く予定にしているよ (^^)

      日本は春めいてきているのかな
      小春日和の あの、ゆったりとした、緩やかな感じの、風が吹くと寒いけれど ポカポカ陽気の春が好きだなぁ(๑˙╰╯˙๑)
      寒い冬が苦手な私は、長い冬が明けて、春の陽気を感じるときの時間が、嬉しくて 幸せな気持ちになるよ

      台湾の写真、楽しみにしてるねー♪
      九份、私も行ってみたーーーい!
      幻想的な夜の景色に憧れがあって、ずっと行ってみたい場所のひとつだったから
      羨ましいっ☆

  2. By ミュウ

    こんにちわ

    東南アジアの旅でタイは避けて通れないですね。

    陸路の国境越えは多くの日本人にとって、特別な感慨があると思います。これから、いろの旅さんはたくさんの陸路越境をす

    ると思います。次第に感じは変わっても、最初の越境は記憶に残ると思います。

    昨日、運転免許証の期日前更新と国外免許証を得るために、県免許センターにゆきました。係りの人から、良い旅をして

    くださいと言われて、準備が進んでいない私は、心に余裕がなく、微笑んでありがとうも言えませんでした。

    どのルートでいつタイに入るか早く決めて、交通手段を確保しなくちゃと思いながら、未だ、ネットで旅行グッズを注文

    しています。

    実際のところ、タイは、あらかじめ出国手段を持ってないと、空路では入国できないのでしょうか?

  3. By Natsumi

    to ミュウさん

    お気持ち、すごく良く分かります
    私も、出発の数日前まで 旅グッズをネットで購入していました f(^^;

    時間がいくらあっても、準備が終わらない… (T▽T)と、私も
    出発の日の、出発時間の、ギリギリまで準備をしていました

    私たちも、結局 十分な準備ができず、
    おおまかなルートと時期的なものだけ決めて、
    各国への移動方法や交通手段は、旅をしながら決めていくつもりです
    (地球の歩き方をPDF化している方がいらっしゃったら、どなたか頂けないかしら、と他力本願に考えている次第です(笑))

    出国用の航空券の準備は、悩ましいところですよね

    空路での、タイへの入国は、
    『片道航空券のみでいくと、極たまに 日本の空港のチェックインカウンターで ひっかかる』ということがあるようです
    通常は、出国用の航空券はチェックされないようですが、極まれに ひっかかって、実際に成田空港で搭乗を拒否された人も たまにいらっしゃるようなので、絶対大丈夫とは言い切れないようです…。

    100%の料金が返金される、タイ→次の国の航空券を予約して、入国後にキャンセルするようにする方法もあるみたいです☆

    引き続き、たびの準備、
    ファイトです!!!

leave a reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA