チチカカ湖の浮島タキーレ島と、ツアー料金/詳細について (後編: タキーレ島編)

チチカカ湖の浮島タキーレ島と、ツアー料金/詳細について (後編: タキーレ島編)

前回の投稿からすっかり時間が経ってしまいました。

もう「明けましておめでとうございます」を言うには少し遅いですかね。

そんなこんなでもう、年が明けて1月8日なのですね。
早いです。

 

そしてそろそろ帰国の飛行機チケットを手配しなきゃな~なんて

かれこれ1か月くらい前から言い続けているのに、
未だに取ろうとしない我々。

もうすぐ世界一周の旅もフィナーレです。
早いです。

一年なんて、長~いようだったのに
もうあっという間です。

 

そんな新春一発目の投稿は
前回の続き、チチカカ湖浮島ツアーの【後編】から。

前回の模様はこんな感じでした。
チチカカ湖と言えば… そうだ浮島へ行ってみよう!(前編: ウロス島編)

もう前回の投稿から時間が空きすぎて
内容も少し忘れかけ…。(TᴗT)

気を取り直してまいりましょうー。

 

Sponsored Link

な、なんか息苦しくない??

チチカカ湖に浮かぶ島、ウロス島を後にしたわたし達。

次なる島、タキーレ島を船長さんに目指してもらいます。

舟に揺られること、たしか1時間ちょっとぐらい。

 

すっかり舟の上で爆睡していたわたしは、

到着の5分前という絶妙なタイミングで目を覚ます
という得意技を今日も十二分に発揮して、

タキーレ島に到ちゃっくー。

 

タキーレ島は前回の投稿での島、
ウロス島とは違って、

ふつうの島というような感じです。

チチカカ湖に浮いている島、というより、
チチカカ湖にある島、と言いますか、

地殻変動とかで隆起したであろう
ふつう一般の島、って感じ。

 

ここから、島のおそらく頂上の広場まで1時間の自由行動のようなので
自分たちのペースで歩きながら島の景色を楽しみます。

ふつうの島って言ってもね、
でもね、

ほんのすこーし歩いただけで、
息ゼーゼーなの。

 

こんなに見晴らし良く、穏やかな感じなのに

何気にここ、
標高3,810mみたい。

ちょっと坂道のぼるだけで、
息がゼーゼー上がる~。心臓もバクバク。

 

チチカカ湖を背景の、段々畑も美しー。

というか、湖であることを忘れてしまうくらい、
もう海みたいな感じで

チチカカ湖、でっかいなー!

 

島はのんびりとした時間が流れているような雰囲気。

ひつじちゃんたちもの~んびり。

 

島のメイン広場に到着しました。

ここには、このタキーレ島から各都市への距離が記されたものが。

具体的な数字を見ても、いまいちピンときませんが
他の都市と比べて「TOKYO」はやっぱり、かなり遠いなー。

地球のほぼ、反対側だもんね~たぶん。

 

Sponsored Link

 

ツアー参加のみなさんが揃ったところで
お昼ごはんの場所へ。

気持ちの良い、青空の下でランチタイムですヽ(◍•ᴗ•◍)丿

まずはスープ&ブレッドに

 

メインのお皿は「オムレツ」か「川魚=トルーチャ(マス)」から選択。

トルーチャはチチカカ湖の名物のようなので
それではせっかくなのでということで、トルーチャを選択。

 

味の分かる彼曰はく、
「臭みが苦手~~!」とのことでしたが

味の分からないわたしには
シャケのような感じで、まぁ確かにシャケよりは臭い気もしますが、
全然気にならない感じで、美味しかったです。

 

食後はミントティーも出てきました。

お湯にただ、ミントの葉っぱが浮かんでるだけなんですが。

でも喉も乾いてたし、ミントのスーッと感もあって美味しかったなー。

 

********

ちなみにこの食事!
あとで詳しく後述しますが、

ツアー代にこの、ランチ代が入っていない場合があるんですね!

 

ここほんとに重要なのですが、
赤ペンか蛍光ペンでアンダーライン引いてもらいたいのですが、

もし入っていない場合はここで、
ランチ代 別料金で20ソル(約700円) をお支払いしなきゃなりません。涙

 

わたし達はツアーを申し込む際に、念入りに
「ランチ込みなんだよね??」と確認していたので大丈夫でしたが。

ここほんと、要注意です。
テストに出しますので詳しくまた後で述べます。

 

ランチのあとは
ランチのお店の方々による、あれやこれやをご披露して下さいます。

 

観光客も交じって、しばし可愛らしいダンスタイムなんかも少々あったり。

 

それから、
タキーレ島の男性は編み物が出来ないと
一人前の男性とは言えないようで、

結婚前の男性は花嫁修業ならぬ、
花婿修業のひとつに編み物 があるようです。

 

「歩きながら観光客はスマホをやってるけど、
ボクたちは歩き編み物なんだよー。歩きながらでも編めるのさー」

だそうです。

 

編み物できないわたしよりも、
女子力高いタキーレ島の男性のみなさま… (TᴗT)

 

もいっこ、このポップなカラフルニット帽は
小さな子供向けの帽子なんだとか。

これを小さい赤ちゃんの時から5~6歳ぐらいまで
ずーーっと被るみたい。確かそんな説明だった記憶…。

 

そしてこのニット帽、
カントゥータ(写真でガイドのおっちゃんが右手に持ってる花) という
ペルーの国花を模した帽子だとか。

 

そんなタキーレ島を巡って、
あとはまた1~2時間かけて、プーノの街へ戻ります。

帰りの舟でもやっぱり爆睡。。。

 

Sponsored Link

ウロス島&タキーレ島を巡る1日ツアーの詳細

プーノ名物、チチカカ湖をお楽しみする浮島ツアーの、
おそらくもっともメジャーな

「ウロス島&タキーレ島を巡る1日ツアー」

 

そんなツアーは、ここ

「PRESIDENTE INN」で申し込んできました。

宿ですが、ここの1階で
ツアーも紹介、取り扱っているみたいです。

 

地図だとここです。

 

「ウロス島&タキーレ島1日ツアー」
・料金:ひとり40ソル(約1,400円)
ランチ込み
・宿までのピックアップサービスあり
・時間:7am~16pmぐらいまで

*2017年11月27日現在

 

最初、『ひとり50ソル』なんて言われましたが
「40ソルにならない?」って聞いてみたら、あっさり40ソルにしてくれました\(^o^)/

 

そしてここでとーーっても重要なのが
ツアー料金にランチが含まれているかいないか!

 

もし含まれていない場合、ランチ代は別に 現地でひとり20ソル(約700円)を
お支払いいないとなりません!!

ペルーの物価から、このランチ代700円はかなりの高額ぅ~~!

ってか、日本でも700円も払えば結構良いもの食べれるぅ~~!

 

ですので、ツアーをお申込みされる際は
「ランチ込みなのか否か」をしっかり確認すること!

これ大事です(・∪・)ノ

 

 

それではブログも無事ようやく書けたことだし、
これからアルゼンチン(リアルタイム)でスーパーへ買い物に行ってきます。

 

本日の旅一曲。
The Chainsmokers & Coldplay「Something Just Like This」
これいつまで続くのかなー汗

 

ブログランキング村に(まだ)居座っています。 世界一周ブログ人気ランキング はこちら

 

こちらの記事も宜しければ

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA