マダガスカルの空港で まさかのチェックイン足止めと、棚からぼた餅な話。

マダガスカルの空港で まさかのチェックイン足止めと、棚からぼた餅な話。

アフリカ大陸突入です
5カ国目は タンザニアにやってまいりました
と言っても タンザニアってどこ? 名前ぐらい聞いたことあるけど … ?

こちらです

東アフリカのあたりでございますー

Sponsored Link

空港でチェックイン出来ず、しばし足止め

マダガスカル→タンザニアへ移動すべく
マダガスカル・アンタナナリボの空港にて。

チェックインカウンターでパスポートの他に
次の国 タンザニア出国用の航空チケット の提示を求められ。

陸路でタンザニアからケニアに行こうと思っています(私たち)

この、陸路で抜けるパターン
今までは上手く通過できていたのですが、マダガスカルの空港では

陸路で出国しようが、どんなでもタンザニア出国用の航空チケットの予約済みが必要だ(空港スタッフ)

ええぇー!
なんて話の分からない!
陸路で抜けるって言ってるじゃんーー 
航空チケットなんて無いよー(心の声)

ちょっと上の方が出て来られ、またもや同じ説明を受ける。

仕方がないのでチェックインカウンターの端っこで 2人で航空券の手配。
ネット通信手段のなかった私たちに、せめて空港WiFiのパスワードを教えてくれたのは助かった…。
しかし、タンザニア滞在の予定を考えたり、途中WiFiが切れたり遅かったりで、なんやかんや航空券の予約に 1時間半ほどかかり。

ようやく航空券の予約が取れた所で再度、チェックインカウンターへ。
が、今度通された 別のチェックインカウンターのお兄さん には
特にタンザニア出国用の航空チケットの提示は求められず…。

なんだよー
結局 出国用の航空チケット要らなかったんじゃ!?
なんだったのこの時間ーー
まぁプラスに考えて、タンザニア出国の航空券の予約が出来たから良しとするかー

なんて思っていたら、今度は彼の預け荷物が重すぎて
こっちの(私の)預け荷物の方に 5kg分いれなさい 、と。

超過料金を払います(彼)

いや、移し替えなさい。5kg分、今すぐ移して(空港スタッフのお兄さん)

じゃあ 2人の預け荷物の合計として、そこを何とかならないでしょうか…? (彼)

ダメだ、今すぐ5kg移しなさい(お兄さん)

うわぁー、何この融通の利かない感じ。
一体 何時間、こんなミッドナイト(深夜 1時)に私たちだけ
チェックインカウンターで足止めされなきゃいけないのー。もう。
(心の声)

この時点で、チェックインカウンターでかれこれ 2時間過ごしていたので、さすがに腹も少し立ってきました

私の預け荷物も かなりすでにパンパンですので、なかなか入らず。
オスプレー(主バッグ)のチャック壊れちゃいそう…。

何とか 5kg分を移し変え、もう一度カウンターにて。
預け荷物の 主バッグがパスしたところで、今度は

その持ち込み荷物、大きすぎる(お兄さん)

えぇっと?
機内持ち込みOKサイズなハズですが…? (彼)

ダメだ、そのバッグは この機内には入らない。預けなさい(お兄さん)

彼の大きなカメラバッグが今度は引っかかり。
預けられない重い大きいカメラレンズやバッテリーが入っていたため、またしても 預け荷物と機内持ち込み荷物との、荷物移し替えに時間がかかり。

もう何回やり直しの為にカウンターに行ったか分かりませんが、ようやくパス!

最後に、これから乗る予定の飛行機の席が
私と彼で離ればなれだったので、近くの席に出来ないか尋ねてみたけれど、

もう無いねー… (お兄さん)

だよねー、もうだってみんなとっくにチェックイン終わってるもんねー。
そりゃ無いよねー。(
ー_ー )
(心の声)
OK、センキュー(私たち)

こうして、ようやくチェックインカウンターを通過。
フライトの 4時間前には空港に到着していたのに、そんなこんなで もう結構いい時間。
時刻は深夜 2時を回っています。

 

棚ボタなビジネスクラスでの空の旅へ。

長かったチェックイン。
その後、保安検査で エックス線で通過したにも関わらず、ひとつひとつ
それは丁寧にポリスメンによって持ち込み手荷物を15分ほどじっくり確認されて、
若干ぐったりな感じで 搭乗時間を待ちます。

搭乗開始のアナウンスのあと、航空チケットを受付で提示して機内に向かおうとしている矢先に
先ほどの あのチェックインカウンターのお兄さんがやって来られまして。

きみたちのチケット出して。(お兄さん)
言われるままにチケットを渡すと、代わりに別の航空チケットをくれました。

センキュー(私)
よく分からないままチケットを受け取り、機内への搭乗の列に並んで待っている時に 何気なく航空チケットに目を向けてみると

「プレミアワールド」

プレミアワールドぉ!??
離れ ばなれの席だった彼と隣の席!
そしてエコノミーではなく、プレミアなんてワードが!!
座席も前の方で、なんか良さそうな席!

まさかビジネスクラス!??

・:*+.\(( ✪ω✪ ))/.:+

私は 流暢な英語を聞き取れなかったのですが
どうやらカウンターのお兄さん、チェックインの最後に
時間が かかってごめんね」っておっしゃっていたそうで。

 

うわぁ!✨
おにーさーーん!!
めっちゃありがとうーー \(≧▽≦)/

彼と隣の席にしてくれるべく、わざわざ残っていたビジネスクラスの席に変えてくれたようでした。

さっき航空券を受け取った時、よく分からなかったから
普通に受け取っちゃったけど、このありがとうの気持ちをあのお兄さんにぜひ伝えたい!

機体の傍まで来ていましたが、お礼を言いにもう一度走って戻ります

ヘイ! ムシュー!
センキュー! めっちゃありがとうー! 
メルシー!!ほんとありがとう!!

英語もフランス語も出来ませんが
ジェスチャーと雰囲気と日本語も織り交ぜて、感謝の気持ちを申し上げました。

良い旅を続けてね。

お兄さんも少し はにかんだ笑顔で、そう送り返してくれました。
さっきまで少し嫌になりかけていたマダガスカルが、一気に大好きになった瞬間でした。
いやーほんと私って単純。

Sponsored Link

極楽ビジネスクラスでのフライトタイム。

アンタナナリボ→ ナイロビ(経由地)までは約3時間半のフライト。
お兄さんのおかげさまで 快適な空の旅です

ウエルカムドリンクに

エコノミーよりもワンランク上の機内食。
これにパンとヨーグルト、シリアル用のミルクを注ぎに来てくれます

しかしひとつ難点が。

時刻は深夜の 3時を回ったところ。

静かに眠りたい時間帯です。
どんな豪華な食事が運ばれてきても今は 眠さと疲れと、
なんなら数時間前に 夕食にフレンチを食べて空港にやってきたので、
今は ワンランク上の食事よりも、優雅なビジネスクラスでの空の旅を満喫するよりも、
一にも 二にも お休みしたいところ

とは言っても やはりミッドナイトでしたので、出てきた食事の量は 少なめ でしたので助かりました。
パンは食べ放題で いくつでも もらえそうでしたが、私は遠慮いたしました。(彼は 5つぐらい食べてたけれど)

深夜に飛行機に乗ると、タイミングによっては 一食分ご飯が多い感じ になりますね。

コーヒーも挽きたてのように、かなり美味しかったよう(彼が飲用)

私は早々と夜食を済ませ、早急に眠り体勢につき
せっかくのビジネスクラスを睡眠で終わらせました。

しかしシートは広々快適だったぁ ٩(◍•ᴗ•◍)۶

 

    ✳

ちなみに
マダガスカルでのフレンチかなりコスパが良くて

ゼブ牛肉のフォアグラ添え(ミディアムレアで召し上がり)

ディナーで行ったのに、これにバケットも付いて お値段 30,000アリアリ(約1,060円)!

ここはトリップアドバイザーでもエクセレントなお店に選ばれている超人気店
予約しないと満席で入れません。

たくさんフレンチのお店はありますが、ここは他のお店とさほど値段が変わらないのに
店構え、雰囲気、味、どれも ずば抜けてる感じで超オススメです (・∪・)

La Varangue

一応場所も貼り付けていますー

マダガスカル・タナ(アンタナナリボ) に来られた方はぜひー ٩(๑❛ᴗ❛๑)

 

 

 

ブログ ランキングに参加しています (๑˙╰╯˙๑)♬
1日1クリック 押していただけると 嬉しいです
 

にほんブログ村

Sponsored Link

こちらの記事も宜しければ

comments & trackbacks

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By ミュウ

    元気に予定どうり、旅をつづけているようでなによりです。私も旅に出て6週間ほどたちました、ビルマ正月で足止めを食いだいぶ遅れが出ています。今はインドのタージマハルを目の前にして下痢のためホテルでやすんでいます。た

    旅の情報はどうやって集めていますか、インドの先は情報本を持ってきていないのでどうしようかと思っています。

  2. By Natsumi

    toミュウさん

    いつもありがとうございます
    ミュウさんも無事に旅を続けられているようで安心いたしました
    たまに、ミュウさんどうしてるかな〜 今どの辺を旅されてるのかな〜
    なんて考えることがありましたので、ミュウさんの近況が聞けて嬉しかったです

    お腹の具体、きついですね
    少しでも下痢が落ち着いてきていると良いのですが。
    私たちも旅の半分は どちらかが、どこかしら身体を壊していたりで
    旅の洗礼をかなり受けていますf(^^;

    インドでの食事、大変でしょうが 気を付けて旅して下さいね
    はやくミュウさんの体調が回復してきますように

    旅の情報は、とにかくインターネットで調べまくったり
    あとは宿のオーナーさん スタッフさんにお尋ねしています

    やっぱり地球の歩き方持ってくれば良かったー!
    少なくとも、行くであろう都市の情報ぐらいスキャンとかしてデータ化して持ってくれば良かったー
    と思っているこの頃ですが、
    現地で色んな方に聞いたりしながら、何とか旅をしています(OvO)

leave a reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA